相続が発生した場合は専門家に相談しましょう


<相続が発生したが・・・>

・何から手をつけていいか分からない・・

・相続税がかかるのか、かからないのか全く分からない・・

(試算したことがない)

・所轄税務署から書類が郵送されてきたが何も返信をしていない・・

・財産の分け方の基準が全く分からない・・

<想定されるリスク>

・財産評価をしっかり行わなかったため、相続税額が高めになってしまった。また、財産の分け方も不公平なものになってしまった・・

・期限後申告になってしまい、本来の相続税額のほかに延滞税や無申告加算税といったペナルティが課されてしまった。また、期限内申告では適用できた特例が使えずに、本来の相続税額より高額な税金を支払うはめになってしまった・・



ご契約から相続税申告書作成までのイメージ(例)


①お打合せ・試算・お見積

お打合せのお時間を1~2時間頂戴致しまして、相続税額の試算(概算)をさせて頂くとともに、それに基づくお見積をさせて頂きます。

※1 必要書類は事前に伝達させて頂きます。

※2 お見積の目安は遺産総額の1%程度となりますが、作業工数の見積により増減しますのでご了承下さい。

②資料入手・財産評価

・①のお打合せ時にお渡しする資料依頼リストに従って、資料一式をご用意頂きます。

・ご用意頂いた資料をもとに厳密な財産評価をさせて頂きます。

③分割案のご提示

・②の財産評価額をもとに、想定しうる分割パターンごとに相続税額の試算をさせて頂き、その結果をフィードバックさせて頂きます。

※遺言書がある場合には、基本的に当該作業は発生しません。

・相続人間で採用する分割案をご決定頂きます。

④申告書完成